声優さんのINFOMA

声優さんの噂について真相や知りたい情報を徹底的に追究していきます!

声優に「俳優」や「アイドル」を起用するようになり、業界が廃れていく

      2016/06/12

 

最近、思うことをだらだら~と書いてきます!

 

キャラクターに命を吹き込む仕事「声優」ですが、2000年代に入ってから現在までの約10年間で大きく変化したと思います。

 

ジブリは何故、俳優(女優)を起用するのか?

ジブリ映画の特徴である「素人声」、あえて声優ではなく声の演技が素人に近い女優を起用することによって視聴者にリアルの人間味を感じさせようとする狙いがあるのだとか...

 

実際に、現在では第一線から離れたジブリの立役者「宮崎駿」さんが以下のように述べています。

「声優さんの声をいろいろ聞いてみたんですけど、みんな、あったかくてね、

子どものことを全面的に理解している父親になりすぎちゃうんですよ」

「テンプレート通りの演技力、声質」がキャラクターを超越してしまうことが嫌なんだとか...

 

ジブリ作品は、個性溢れるキャラクターが多く登場しますが、冒険、出会い、成長、感動のすべてを主人公目線で追っていきます。

完成された演技よりも、視聴者に近い「素人声」をあてることで感情移入を誘うのです。

 

スポンサーリンク




TVアニメにも「俳優」そして「アイドル」が!

ジブリ作品は作品のテイストに沿って俳優を起用しているように思えますが、最近のTVアニメではどうでしょうか?

 

2015年春アニメ「電波教師」では主人公の妹役にSKE48の松井玲奈さん、2016年冬アニメ「僕だけがいない街」主人公役には女優の土屋太鳳さん、俳優の満島真之介さんが起用されました。

 

個人的な感想として、後者のアニメに関しては問題は無かったと思います。

はじめこそ違和感を覚えたものの、独白が多い主人公にはジブリ作品同様に「完成されていない演技」の方が感情移入しやすかったと思います。

 

ただ前者の「電波教師」に関しては声優を起用するべきでした。

1話開始数秒で、あれほど残念な気持ちになったことは今までありません。

 

別に松井さんが悪いと言っているわけではないのですが、ギャグあり、熱血あり、主人公がオタクという路線で素人声はやはり合いません。

主人公を演じるのが神谷さんなだけに、やりとりに非常に違和感を感じてしまいました。

 

声優より知名度があるのでお金を生みやすい

例えば、今回の「僕だけがいない街」の少年期を演じた「土屋太鳳」さん!

朝ドラから恋愛映画、CMにモデル活動など、若い世代からお年寄りまでファンがいます。

そんな彼女が「声優初挑戦!」となると、やはり宣伝効果は凄まじいのです。

アニメには興味ないけれど、太鳳ちゃんが出ているなら見よっかな~

イベント開催やグッズ販売、円盤の売れ行きも、それに伴って上昇します。

 

スポンサーリンク




アニメ業界の現状

現在、多くのアニメ製作会社が赤字経営を続けており、違法視聴者の続出、購買意欲の少ない若者が増加しています。

その影響で円盤が全盛期の半分以下の売り上げとなっているのです。

 

2015年には大手アニメ製作会社が2件も潰れており、まさに危機的状況です。

 

ネット掲示板ではこぞって「素人を起用するな!」「声優を使え!」などと叩かれています。

しかし製作会社からすれば、雇っているアニメーターを食べさせていくことで精一杯なのです。

多くの利益を生むためには声優の演技力ではなく、知名度ということを知ってしまえば、そちらの路線にいくことは当然でしょう。

 

関連記事→ 「顔が可愛い声優じゃないと食べていけない時代が迫っている。

本職:「声優」の未来はないのか?

声優の数が10年前に比べて圧倒的に増え続けていることは過去の記事でも話したとおりです。

詳しくは→ 「毎年どれだけの新人声優がデビューしているのか数えてみる

 

放送局の数と、キャラクターの数が制限されているのに対し、何十倍の競争率で声優たちがオーディションを受けているわけです。

そこに製作会社が俳優やアイドルに対して直接オファーをするようになると当然、本職を声優としている人たちの仕事が無くなります。

 

そうなると演技力に乏しい「声優(仮)」ばかりが増えていきます。

せっかくの素晴らしい脚本や作画力が合っても、違和感のある演技ばかりで興ざめしてしまうのです。

やがてアニメ作品自体に魅力を感じなくなり、ますます業界は廃れていくことでしょう。

 

 

これを回避するためにはアニメ業界がもっと潤わなくてはいけません。

「十分な予算」---「アニメーターの収入」---「作品の質」---「演技力を重視した声優の起用」

 

このように1つの導線で繋がっており、どれか一つを達成するためには、他の3つの要素が満たされなければ、ほぼ不可能です。

 

声優たちが平等に競い合える未来を作るためには、「予算を拡大させること」、「別の方法で利益を得ること」何としてでもお金を生み出す仕組みを作ることが必要になっていくと思います。

 

スポンサーリンク




 

 - その他