声優さんのINFOMA

声優さんの噂について真相や知りたい情報を徹底的に追究していきます!

毎年どれだけの新人声優がデビューしているのか数えてみる

      2016/06/12

 

2015年の新人声優といえば、「干物妹うまるちゃん!」で話題になった田中あいみさんでしょう。

また、「不思議なソメラちゃん」でお馴染みの本渡楓さん、「ローリング☆ガールズ」で初メインキャラを勝ち取った花守ゆみりさん....

この他にも多くの声優さんがデビューを果たしています。

 

しかし田中さんや花守さんに関していえば、2013年からモブ役を担当しており、2015年にデビューを果たしたわけではありません。

 

そこで今回は、モブ役でもメイン役でも、初めてアニメ作品に関わった年をデビュー年として数えていきたいと思います!

なお、今回は深夜アニメの年といわれている2001年からデータをとります。

 

スポンサーリンク




新人声優の数は毎年どのように変化していったのか

2001年の新人声優とその数

2001年は現在第一線で活躍されている声優さんのデビュー祭りでした。

 

・小野大輔:「フルメタル・パニック」

・中村悠一:「電脳冒険記ウェブダイバー」

 

・平野綾:「おとぎストーリー天使のしっぽ」

・新谷良子:「ギャラクシーエンジェル」

・中原麻衣:「パラッパラッパー」

 

この他にも男女合わせて17名おり合計するとこのようになりました↓

2001年の新人声優デビュー=22名

2002年

・宮野真守:「真・女神転生Dチルドレン」

・下野絃:「ラーゼフォン」

 

・白石涼子:「GetBackers-奪還屋」

 

この他にも4人の声優さんがデビューしており

2002年の新人声優デビュー=7名

となりました。

2003年

・井口裕香:「デ・ジキャラットにょ」

・後藤沙緒里:「デ・ジキャラットにょ」

・伊藤静:「TEXHNOLYZE」

・花澤香奈:「LAST EXILE」

・悠木碧:「キノの旅」

 

井口さんと後藤さんがそれぞれ15歳、16歳のデビューに驚きましたが、何より悠木さんの11歳という子役声優デビューも凄いと感じました!

また2015年人気女性声優ランキング1位の花澤さんもこの年にデビューしていますね♪

 

2003年は他にも12名を加えこのようになりました

2003年の新人声優デビュー=17名

2004年

・茅原実里:「天上天下」

・加藤英美里:「今日からマ王」

・井上麻里奈:「コゼットの肖像」

 

このほかに10名デビューを果たしており、このようになっています↓

2004年の新人声優デビュー=14名

2005年

・阿澄佳奈:「Canvas2~虹色のスケッチ」

・藤田咲:「SPEED GRAPHER」

・矢作紗友里:「かりん」

 

結婚を報告した阿澄さんや矢作さんの声優デビューが10年も前とは...

時代の移り変わりのスピードが半端じゃないですね(笑)

 

2005年の新人声優デビュー=11名

という結果になりました。

2006年

・梶裕貴:「桜蘭高校ホスト部」

・下田麻美:「乙女はお姉さまに恋している」

南條愛乃:「Soul Link」

・豊崎愛生:「RED GARDEN」

・伊藤かな恵:「妖逆門-ばけぎゃもん」

 

梶さんや下田さんはゲーム声優から入っているので実際には2003年頃から声優活動をしています。

ただ、アニメ作品のデビューは遅咲きの2006年となっていますね♪

 

こうしてみると2010年期の黄金期を飾る人気声優ばかりが並んでいますね!

この頃は知名度は少ないですが2、3年後一気に開花するんですよね。

 

2006年の新人声優デビュー=21名

となりました。

2007年

・日笠陽子:「スケッチブック~full colors」

・早見沙織:「桃華月憚」

・戸松遥:「がくえんゆーとぴあ まなびストレート」

・佐藤聡美:「かみちゃまかりん」

 

 

4人とも、現在多くのアニメでヒロインを務めていますよね!

彼女たちにもモブキャラを演じていた時代があって、感慨深いですよね。

2007年は前年よりやや少なめのデビューとなりました。

2007年の新人声優デビュー=12名

2008年

・江口拓也:「ゴルゴ13」

・内田彩:「おでんくん」

・日高里菜:「ポルフィの長い旅」

・中島愛:「マクロスF」

 

この他にも男女合わせて18名がデビューを果たしており、

2008年の新人声優デビュー=22名

となりました。

2009年

・竹達彩菜:「けいおん!」

・松岡禎丞:「東のエデン」

・島崎信長:「戦場のバルキュリア」

・徳井青空:「ヴァイス・サヴァイヴ」

・三澤紗千香:「シャングリ・ラ」

 

この年は男性声優のデビュー数が4に対し、女性声優が25名です。

美少女アニメが猛威を振るい始めた影響が出ているのでしょうか?

2009年の新人声優デビュー=29名

2010年

・三森すずこ:「キッズ劇場!!キッズねこみみコーナー」

・茅野愛衣:「デュラララ!!」

・佐倉綾音:「超劇場版ケロロ軍曹 誕生!究極ケロロ」

・内田真礼:「オオカミさんと七人の仲間たち」

・東山奈央:「神のみぞ知るセカイ」

・水瀬いのり:「世紀末オカルト学院」

・小松未可子:「HEROMAN」

・洲崎綾:「バクマン」

 

水瀬さんって中学3年生でデビューをしていたんですね!!

正直、「ごちうさ」まで知らなかったので2014年かと思っていました。。。

そしてこの女性声優陣のラインナップの豪華さといったらないですね(笑)

 

2010年の新人声優デビュー=27名

過去最高記録の22名を塗り替える結果となりました。

 

スポンサーリンク




2011年

・斉藤壮馬:「プリティーリズム・オーロラドリーム」

・逢坂良太:「ましろ色シンフォニー」

・花江夏樹:「君と僕。」

・新田恵海:「境界線上のホライゾン」

・上坂すみれ:「プリティーリズム・オーロラドリーム」

・村川梨衣:「FAIRY TAIL」

・大坪由佳:「ゆるゆり」

2011年の新人声優デビュー=29名

2012年

・石川界人:「あの夏で待ってる」

・M・A・O:「クッキンアイドルアイ!マイ!マイン!」

・雨宮天:「新世界より」

・木戸衣吹:「お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ」

 

この他にも男性4名、女性29名が合わさりこのようになりました↓

2012年の新人声優デビュー=37名

2013年

・小澤亜李:「サムライフラメンコ」

・高橋李依:「ステラ女学院高等科C3部」

・伊藤美来:「翠星のガルガンティア」

・木村珠莉:「マギ The King og magic」

 

4人ともデビューから3年で一気に活躍されましたね♪

2013年の声優デビュー数は、間違いなく最大を示す結果となりました。

2013年の新人声優デビュー=41名

内の35名が女性声優とのことですから、

どれだけ美少女アニメが増えたかお分かりになると思います。

2014年

・田中美海:「Wake Up Girls」

・長縄まりあ:「六畳間の侵略者」

・鈴木愛奈:「アカメが斬る!」

 

2014年の新人声優デビュー33名

2015年

・和氣あず未:「あにトレ!EX」

・本渡楓:「不思議なソメラちゃん」

 

2015年はここ数年でも少ない方で以下の結果になりました。

2015年の新人声優デビュー=16名

 

結果を通して思ったこと

 

昨今は製作会社の赤字や深夜アニメの飽和により、ベテラン声優の起用を避け、ギャラの安い新人声優を多く使っているイメージがありました。

 

22→7→17→14→11→21→12→

22→29→27→29→37→41→33→16

 

アニメ数が2001年よりも2倍になったといわれている割に、数が倍増しているわけでもなく、年によってまばらです。

 

ただ、やはり結果を通して一番感じたことは女性声優数の異常な多さです。

2001年以前は5:5の男女比が、最終的には2:8もしくは1:9にもなっています。

これはやはりアニメの傾向が、いわゆる萌ジャンル、ガールズ系に偏ってしまったのが原因であると考えられます。

 

食べていける声優は一握りといわれていますが、この結果をみる限り、納得することができます。

 

最後まで暇人の調査に付き合ってくださりありがとうございました。

 

スポンサーリンク




 - その他